ノーローンで借りる前に口コミで評判をチェック!

ノーローンとクレジットカードの比較

ノーローンとクレジットカードの比較

お金がないときでも、ショッピングや旅行ができるサービスとしてノーローンでお金を借りる他にクレジットカードがあります。

 

双方でメリットやデメリットがあるので、比べてみてあなたにあった方を選ぶようにして下さい。

 

ノーローンとクレジットの比較

 

年会費

 

ノーローンは年会費がかかりません。

 

一方でクレジットカードは年会費が無料の会社もあるのですが、年会費がかかる会社の方が多いです。全く使っていなかったとしても、持っているだけで年間1000円〜2000円とられてしまうのはもったいないですよね。

 

 

審査

 

審査の面では、一般的には消費者金融のほうが優遇されている傾向にあります。

 

それは消費者金融のほうが金利が高くて、使ってもらったほうが利益に繋がりやすいためです。

 

 

利用開始までの時間

 

ノーローンは申し込んだその日から利用することも出来ます。(申込時間にもよります。)

 

クレジットカードの場合は、審査が長くてカード発行も郵送なので利用できるようになるまで時間がかかります。長いところだと、1ヶ月もまたされることもあります。

 

すぐにお金が必要な方の場合は、ノーローンを利用するべきです。

 

 

利息

 

クレジットカードの場合、一括購入の場合は利息がかかりません。1〜2ヶ月後に使った分のお金が用意できれば利息がかからずに利用ができます。

 

すぐにお金が用意できなくて、毎月少しずつ返済していきたい場合はクレジットカードでも利息がかかります。リボ払いの場合はだいたいのクレジットカード会社で年利15%となっています。

 

ノーローンの場合は年利18%の利息がかかってしまうので、利息の面ではクレジットカードのほうが有利です。

 

 

キャッシングは住宅ローンの審査で不利になる可能性がある

 

ノーローンを使う上でデメリットとなるのが、住宅ローンの審査で不利になる可能性があります。キャッシングを利用した事がある人は、お金の管理をするのが苦手な人だと判断されるからです。

 

今後5年以内に住宅ローンを組みたいと考えている人の場合は、キャッシングは避けたほうがいいです。ノーローンだけではなく、クレジットカードのキャッシング機能を使った場合も、住宅ローンの審査で不利になることがあるのは同じです。

 

ノーローンとクレジットカードの比較のまとめ

まとめ

ノーローンの一番のメリットは、すぐに利用できるということです。クレジットカードの場合は、1ヶ月もまたなければいけない会社もあるのですぐに使えるのは嬉しいですね。審査にかかる時間は最短で20分なので、審査結果がすぐに分かるのも嬉しいですね。

 

一方でノーローンのデメリットとなるのは、住宅ローンの審査で不利になってしまうところです。せっかくのマイホームを購入しようと思ったのにキャッシングを利用しているせいで審査に通らないことがあったら、配偶者にも悪い気がしてしまいますよね。5年以内に住宅ローンを申込むかもしれないという方はクレジットカードで何とかしておくほうがいいです。

 

ノーローンのメリットやデメリットを考慮した上で、クレジットカードと使い分けていくといいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ