ノーローンで借りる前に口コミで評判をチェック!

ノーローンの審査に落ちた人の特徴

ノーローンの審査に落ちた人の特徴

ノーローンの審査について口コミで評判がいいとはいえ、落ちた人もいます。どのような人が審査に通らないのか、特徴を説明します。

 

  • 年収に対して他社借入額が多すぎる
  • 過去に各種返済で遅れたことがある
  • 在籍確認が取れない
  • 申込内容に不備がある

 

年収に対して他社借入額が多すぎる

 

貸金業法の改正によって、法律によってお金を借りられる金額に制限が出来ました。原則として年収の1/3までしか、お金を借りることが出来ません。

 

消費者金融から借りているお金の合計が、年収の1/3を超えている場合はノーローンの審査で可決されるのは難しくなります。

 

他社借入額が年収の1/3までというのは、自動車ローンやクレジットカードのリボ払いは対象外です。

 

お金の使い道が自由なフリーローンの合計額が年収の1/3までしか借りられないということです。

 

ノーローンをはじめとする消費者金融は、利用者が他の会社でいくら借りているか照会することができるので他社利用額はごまかして申告しないように注意してくださいね。

 

 

過去に各種返済で遅れたことがある

 

過去にキャッシングやクレジットカードの支払で、3ヶ月以上遅れてしまったことがある人は審査が難しくなります。

 

返済の遅れについて信用情報機関に記録が載る目安は3ヶ月と言われています。1週間程度返済が遅れてしまったくらいなら記録が残らないので問題ありません。

 

信用情報機関の記録が残るのは直近の5年なので、5年以上前の返済の遅れに関してはノーローンの方で閲覧することができないので審査に影響はありません

 

 

在籍確認が取れない

 

ノーローンの審査では在籍確認が必ず行われます。確認が取れないがために審査に落ちたという人もいます。

 

特殊なお仕事をしていて、在籍確認が難しいかと思う方は予め対策を考えておきましょう。

 

 

申込内容に不備がある

 

電話番号が間違っていたり、勤務先などがデタラメだったりするとちゃんとした申込者じゃないと判断されて否決されてしまいます。

 

多少の間違いであれば、メール及び電話で確認が入ると思いますが入力内容を送信するまえに確認するようにして下さい。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ